経営戦略

ユニー・ファミリーマートホールディングス 経営戦略

2016年9月1日を効力発生日として、(株)ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングス(株)は経営統合し、コンビニエンスストア事業及び総合小売事業(GMS事業)を主軸とする持株会社として新たに出発しました。小売業を取り巻く事業環境には、大きな変化が訪れています。国内では総人口の減少により市場規模が縮小しつつあることに加え、コンビニエンスストアの出店競争、ドラッグストアや外食チェーンなどとの間では業態の垣根を越えた競争も激化しています。また消費者のニーズも多様化しており、新たな発想による商品・サービスの創造が求められています。こうした環境下、激しい競争環境を勝ち抜くため、両社の経営資源を結集し、独自の価値を提供することで成長の機会を模索していきます。

ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社

コンビニエンスストア事業
(CVS事業)

  • ブランドの一本化
  • 商品調達力の強化
  • 商品開発力の強化
  • 物流センターなどインフラの集約
  • 情報システムなどの統合

総合小売事業
(GMS事業)

  • 東海・関東圏へのフォーカス
  • CVS事業の調達力・サービスの活用
  • 新しい店舗フォーマットの開発
  • eコマースの協業

その他グループ事業

  • 両社が持つ事業基盤を活用し、新たな事業モデルを構築
主要コンビニエンスストアチェーン国内店舗数
(エリアフランチャイズ含む 2016年2月末現在)
主要コンビニエンスストアチェーン国内店舗数

今般の経営統合により、コンビニエンスストア事業では国内最大規模の店舗網を持つことになります。業界トップクラスの事業基盤は、コンビニエンスストア事業のあらゆる場面で、スケールメリットやシナジーを生むことになると期待されます。加えて、新興国を中心としたアジアでの事業もより一層強化を図ることができると考えています。 総合小売事業においても、両社が構築してきた商流や、これまでに培ってきた事業ノウハウを有機的に組み合わせることで、新たな商品や店舗フォーマットの開発などを進めていく考えです。

今後、経営統合によるシナジー効果を最大限に発揮するとともに不採算店舗や事業を見直し、確固たる収益基盤を確立することで、統合後5年以内に国内グループ売上高5兆円以上、連結純利益600億円以上を目指します。

計画数値

2016年2月期
ファミリーマートユニーグループHD合計
国内グループ売上高 2.0兆円 1.8兆円 3.9兆円
連結営業利益 487億円 223億円 711億円
連結純利益(△損失) 210億円 △28億円 181億円
連結ROE 7.6% - -
CVS・GMS・SM国内店舗数 11,656店舗 6,671店舗 18,327店舗
CVS・GMS・海外店舗数 5,846店舗 4店舗 5,850店舗
2021年2月期
統合会社
5兆円以上
1,000億円以上
600億円以上
12%以上
20,000店舗以上
10,000店舗以上

統合後の利益成長イメージ

統合後の利益成長イメージ