店頭募金活動

全国に多くの店舗を有するユニー・ファミリーマートグループは、その店舗網を活かした店頭募金を実施しています。お客さまからお預かりした募金は、NGOやNPO団体をはじめ、地域の社会福祉協議会へ寄付し、その活動に役立てられています。また、大規模災害の発生時には義援金募金に切り替え、被災地支援を行っています

ファミリーマート夢の掛け橋募金

ファミリーマート

ファミリーマートは、1993年にコンビニエンスストアとして初めて店頭レジカウンターに募金箱を設置し、募金を開始しました。2006年からは「ファミリーマート夢の掛け橋募金」として、世界のこどもたちと地球の未来のために社会的な役割を担って活動するNGOおよびNPOに寄付し、その活動を支援しています。また、一部の事業を協働で実施し、次世代育成支援や環境活動に役立てられています。
なお、2009年からは店頭のマルチメディア端末Famiポートでも寄付先指定の募金受付も実施しています。
2017年3月からは、サークルKとサンクス店舗でも店頭募金を「ファミリーマート夢の掛け橋募金」に統一し実施しています。

2015年度 各団体への寄附金額の内訳(PDF:443KB)

ユニーの募金活動

ユニー

■愛の1円玉募金

店頭に「愛の募金箱」を設置し、お客さまだけでなく、お取引先や従業員にも募金活動をお願いしています。お預かりした募金は、地域の社会福祉協議会や福祉団体へ寄付しています。

■盲導犬育成 パトラッシュ基金募金

ユニーは盲導犬の育成と普及を支援しており、店頭に「パトラッシュ募金箱」を設置しています。
また、これと合わせて、日清ペットフード商品の売上金額の一部を寄付するドネーション企画も実施し、店頭募金とともにNPO法人 全国盲導犬施設連合会に寄付し、盲導犬の育成に役立てられています。

愛の1円玉募金 パトラッシュ募金箱

■世界の医療団~スマイル作戦キャンペーン~

「世界の医療団」は、1980年にパリで発足した世界各地に医療・保健衛生分野の専門スタッフを中心に派遣し、人道医療支援に取り組む国際NGOです。
世界の子どもたちに笑顔を贈る「スマイル作戦キャンペーン」は、先天性の病気やけが、戦争などで顔に傷を負った発展途上国の子どもたちに、医療支援をするための活動で、ユニーは一部店舗にて、子どもたちへのメッセージや寄付を募る取り組みを行っています。

スマイル作戦キャンペーン スマイル作戦キャンペーン

■UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)支援活動

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR: United Nations High Commissioner for Refugees)は、世界各地の難民の保護と支援を行う国連機関です。
ユニーは、一部店舗にて期間限定で寄付振込みのブースを設け、その活動を支援しています。

UNHCRの活動 UNHCRの活動

■国連WFP支援活動

国連WFPは、飢餓のない世界を目指して活動する国連の食糧支援機関です。
ユニーは、国連WFP協会に加盟し、従業員を対象としてワンコイン募金活動を実施しています。本社や店舗では、毎月第一日曜日と月曜日のランチタイムにポケットのワンコインを募金してもらい、開発途上国の子どもたちの給食プログラムに役立てられています。

本社食堂前 ワンコイン募金 本社食堂前 ワンコイン募金

義援金募金の募金活動

ユニー ファミリーマート

ユニーとファミリーマートでは、国内外で大規模な災害が発生した際は、通常の店頭募金を義援金募金に切り替えて、被災地支援を行っています。
2016年度は、熊本地震および新潟糸魚川市大規模火災において、ユニー、ファミリーマート店舗それぞれで義援金募金を実施したほか、ファミリーマートでは台風10号等による災害や、鳥取県中部地震でも義援金募金を行いました。
皆さまからお寄せいただいた温かいご支援による義援金は、被災地および日本赤十字社へ寄託し、被災地支援に役立てられています。
また、「災害時物資支援協定」に基づき、自治体からの要請を受けて緊急支援物資のお届けも実施しており、2016年度は熊本地震発生時にファミリーマート、ユニーそれぞれで、鳥取県中部地震発生時においてはユニー・ファミリーマートグループが一体となって被災地へ支援物資をお届けしました。

店頭で義援金募金受付 店頭で義援金募金受付
(ファミリーマート)
台風10号など義援金の目録を岩手県へお渡し 台風10号等災害義援金を岩手県へ寄託(ファミリーマート)
鳥取県中部地震義援金を鳥取県へ寄託(ファミリーマート)