重要課題の特定

重要課題特定のプロセス

ユニー・ファミリーマートグループでは、経営統合を機に、中核グループ会社であるファミリーマートとユニーそれぞれの重要課題を再確認し、当グループとしての「重要課題」を特定しました。特定にあたっては、以下のプロセスを踏まえ、総合的に判断しています。

ステップ1社会からの期待の整理

地域社会からの要望やお客様をはじめとするステークホルダーからいただいたご意見、国内外市場における業界動向、当グループがこれまでに賛同を表明した国際規範、ESG評価機関からの評価結果などを分析し、社会から期待されている事項として整理しました。

ステップ2重要課題の再確認

ステップ1で確認した社会からの期待と、当グループの企業理念、行動規範、およびサステナビリティ基本方針、そして目指すべき姿を実現するための経営戦略や中期経営計画を踏まえ、ファミリーマートとユニーの重要課題を再確認しました。

ステップ3重要課題の特定

ステップ2で再確認した重要課題を、社会からの期待を踏まえた「ESG(環境・社会・ガバナンス)の側面における重要度」[縦軸]と「ユニー・ファミリーマートグループにおける重要度」[横軸]で評価し、当グループが優先的に取り組むべき重要課題として特定しました。

ユニー・ファミリーマートグループにおける重要課題の評価

ユニー・ファミリーマートグループにおける重要課題の評価

ユニー・ファミリーマートグループの重要課題

No. 重要課題(SDGsの目標) ユニー・ファミリーマートグループとして取り組むべき課題
1

環境への配慮

循環型社会の構築
低炭素社会への貢献
自然共生社会の実現に向けて
ESD(持続可能な開発のための教育)の推進
2

社会・生活インフラとして、
活力ある地域社会の発展への貢献

地域社会の発展・活性化
災害対策・被災地支援
次世代の健全な育成
NGO/NPOとの協働と地域社会との共生
3

安全・安心な商品をお届けする
サプライチェーンマネジメントの強化

安全・安心な商品/サービスの提供
エシカル消費の普及・啓発
公正・透明な事業活動の推進
4

高度化・多様化する消費者ニーズへの対応

高付加価値商品の提供
健康や福祉を向上させる商品/サービスの開発
5

ダイバーシティの推進

多様な人財の受容と活躍の推進
ワーク・ライフ・バランスの充実と働きがいのある職場づくり