重要課題2社会・生活インフラとして、活力ある地域社会の発展への貢献

地域社会の発展・活性化

地域の集いの場

ファミリーマート

店舗内に設置したイートインスペースは、地域のつながりを深める拠点としても活用されています。購入した商品を飲食するだけでなく、オフィス立地では仕事の合間の憩いの場として、住宅街やロードサイドなどはご家族や友人との会話を楽しむコミュニティスペースとして、また地元のNPOやサークル等のイベント場所としても活用いただいています。イートインの設置店舗は全国約6,014店舗(2017年10月末時点)に拡大しています。

地域の集いの場として活用されるイートインスペース
地域の集いの場として活用されるイートインスペース

棚田の再生で地域活性化に貢献

山梨県との「包括的連携に関する協定」の締結を機に、2011年度より山梨県甲府市上帯那地域で耕作放棄地の再生をお手伝いしています。甲府市帯那地域活性化推進協議会と「企業の農園づくり推進事業に関する包括協定」を締結し、地域の皆さんと協力しながら米作りなどの農作業を行い、棚田の再生を通して地域の活性化に取り組んでいます。

稲刈りを行う社員
稲刈りを行う社員

ユニー

年齢や性別、障がいの有無にかかわらず、すべてのお客様に安心で快適なお買い物を楽しんでいただくため、ユニーではノーマライゼーションの発想のもとユニバーサルデザインを積極的に取り入れ、地域の方々が集うコミュニケーションスペースを目指した店舗づくりを推進しています。

車いすの方や目の不自由な方、ベビーカーを使用している方、その他お手伝いが必要なお客様にも快適なお買い物を楽しんでいただくために、段差のない入り口や優先エレベーターや「おもいやり駐車場」を設置。また、小さな子ども連れのお客様への配慮として、ソフトな素材を使用した遊び場や、安心して授乳やおむつ替えができる「ベビー休憩室(赤ちゃんルーム)」、そしてトイレトレーニングにも役立つ子ども専用トイレ設備の設置も行っています。

おもいやり駐車場
おもいやり駐車場
ベビー休憩室
ベビー休憩室
子ども専用トイレ
子ども専用トイレ

大垣市「レジ袋 市民の森」活動

アクアウォーク大垣(岐阜県大垣市)には、大垣市環境市民会議と共同で作り上げ、環境省主催「みどり香るまちづくり」コンテストで環境大臣賞を受賞した「レジ袋市民の森」があります。緑が香る公園として店舗の隣接地が再整備され、木や花を管理する市民ボランティア「グリーンサポーター」の活躍により、地域に愛されるコミュニティスペースとして活用されています。

グリーンサポーターの方々
グリーンサポーターの方々

高齢者の安心を支える取り組み

認知症サポーター

ファミリーマート

高齢者が住み慣れた地域で安心して活き活きと暮らしていける社会を目指し、各自治体や一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会、また各地の店長集会などで開催する「認知症サポーター養成講座」を、各店舗の店長やストアスタッフ、本部社員が受講しています。認知症の方とその家族に協力、サポートできる体制づくりに努めることで、地域の一員として高齢者を見守っていきます。

長野県での「認知症サポーター養成講座」参加者
長野県での「認知症サポーター養成講座」参加者

ユニー

認知症のお客様に安心してお買い物を楽しんでいただくために、ユニー独自の基準による「認知症買い物セーフティーネット店舗」の認証を進めています。認証を受けた店舗には、認知症サポーターとしてNPOから教育を受けた店長や従業員がおり、声かけや見守りの役割を担っています。これまでに58店舗が認知症サポーター教育を受講しており、サポーター数は約4,000人となっています。

認知症サポーターバッジをつけたユニー従業員
認知症サポーターバッジをつけたユニー従業員
認知症サポーターの表示(店舗入口)
認知症サポーターの表示(店舗入口)

高齢者の「運転免許自主返納支援制度」への協力

ファミリーマート

高齢運転者による交通事故が増加している中、高齢者の「運転免許自主返納支援制度」に協力しています。香川県、愛媛県、高知県では、65歳以上の免許返納者にファミリーマート店舗で使える「QUOカード」、東京都ではグループ会社のシニアライフクリエイトが提供するお弁当宅配サービス「宅配クック123」の利用券を贈呈しています。

宅配クック123
宅配クック123

高齢者向けサービス

ファミリーマート

「宅配クック123」では、栄養バランスに配慮し、毎日異なる献立で工夫を凝らしたお食事をお届けしています。普通食のほか、塩分調整食や透析食、やわらか食など、お客様の健康状態とニーズに応じたさまざまなお弁当を各種ご用意しています。お届けする際にお体の調子などを伺う「安否確認」も行っており、高齢者の見守り役を担うことで安心して暮らせる地域づくりに貢献しています。

お弁当のお届け
お弁当のお届け

ユニー

お買い物が困難なお客様や時間がないお客様のために、「ネットスーパー・アピタネットスーパー」を提供しています。インターネットだけでなく、電話やFAXでのご注文も受け付けており、ネット環境がないお客様や、パソコン・スマートフォンを使い慣れていないお客様でも手軽にサービスを利用できます。また、商品の配達時に、お客様の使用済みの容器包装を回収するリサイクルの推進活動も同時に行っており、生活利便性や買い物弱者支援への貢献といった社会課題の解決とともに、環境への配慮としても取り組んでいます。

シニア加盟制度

ファミリーマート

61歳~70歳までのシニアにファミリーマートの店舗を経営していただけるように、2016年2月から「シニア加盟制度」を開始しました。契約期間は5年間となるため、最長75歳まで店舗経営が可能となります。シニア層が持つ知識や技術、働く意欲を活かしていただくことで、やりがいと健康増進に貢献する取り組みです。

シニア加盟制度ポスター
シニア加盟制度ポスター

セーフティステーション活動

ファミリーマート

一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会の一員として、地域の安全を守る「セーフティステーション活動」に取り組んでいます。全国のコンビニエンスストアによる活動で、地域の皆さん・自治体・国と連携しながら、高齢者や身体障がい者の方への買い物のお手伝いや連絡をはじめ、青少年環境の健全化にも取り組んでいます。

日頃からの防犯や防災、安全への対策はもとより、徘徊高齢者や女性・子どもなどの駆け込み対応とともに、未成年者へのたばこ・酒類の販売禁止の徹底と、深夜時間帯での帰宅促しなどにも積極的に実施し、地域に密着した店舗運営を行っています。

セーフティステーション ポスター
セーフティステーション ポスター

くらしの足となるサービスを提供

「カーシェアリングサービス」と「タクシー配車サービス」

ファミリーマート

ファミリーマートは、省エネやCO2排出抑制にもつながる「カーシェアリングサービス」を店舗の駐車場を活用して、現在65店舗(2016年12月末現在)で実施しています。

また、2012年から、ファミリーマートの店舗から地元のタクシーを呼び出すサービスを開始し、東北・北陸・近畿・中国・九州地方の164店舗(2017年9月末現在)でタクシー会社と協力し展開しています。

地方では、バス・鉄道路線の廃止・縮小などによる交通空白地域が拡大しており、このサービスは日常の移動手段としての役割を果たしています。

タクシー配車サービス
タクシー配車サービス

地域に根ざした環境美化活動

全国環境美化活動

ファミリーマート

ファミリーマートでは、お客さま、お取引先、加盟店、社員が地域の清掃活動を行う、「全国環境美化活動」を年に2回実施しています。2003年より継続して実施しており、これまでの全国での参加人数は延べ110万人を超え、地域社会の美化に貢献する活動として取り組んでいます。

ファミリーマート池袋本社の全国環境美化活動
ファミリーマート池袋本社の全国環境美化活動

クリーンアップキャンペーン

ユニー

ユニーでは、毎日店舗や事務所周辺の清掃や除草を行っていますが、6月の環境月間、10月の3R(リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle))推進月間にはその範囲を広げ、本社・事務所、全店舗「でクリーンアップキャンペーン」を毎年実施し、周辺道路の清掃を行っています。

ユニークリーンアップ活動
ユニークリーンアップ活動

地域貢献活動

ファミリーマート

山梨県上帯那耕作放棄地活性化活動

ファミリーマートは、2011年5月に山梨県甲府市の帯那地域活性化推進協議会と「企業の農園づくりに関する包括協定」を締結しました。

以降、耕作放棄によって荒れてしまった田畑で菜の花や青大豆・お米をつくることで、再生のお手伝いをする活動に取り組んでいます。

社員有志とその家族も参加する田植え・稲刈り、収穫祭などの耕作放棄地活動にとどまらず、地域の自然体感と帯那地域を知るイベント「おびなツーリズム」などにも参加し、地域の皆さんとの交流を深めながら地域活性化に貢献しています。

帯那の皆さんとファミリーマート社員とその家族
帯那の皆さんとファミリーマート社員とその家族
耕作放棄地とは・・・

農家の高齢化や担い手不足などの理由により、1年以上作物を栽培せず、その後も耕作する予定のない土地のことです。山梨県は耕作放棄地の面積率が全国2位となっています

チャリティーウォーク「WFPウォーク・ザ・ワールド」に賛同し社員が参加

ファミリーマートは、途上国のこどもたちを苦しめている飢餓をなくすために毎年開催されている、チャリティーウォーク「WFPウォーク・ザ・ワールド」(特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会主催)に特別協賛し、社員もボランティアで参加しています。

飢餓問題への認識を高めるとともに、参加費の一部は、国連WFP協会の「学校給食プログラム」に役立てられています。

2016年5月に開催されたWFPウォーク・ザ・ワールド
2016年5月に開催されたWFPウォーク・ザ・ワールド

ファミリーマート

各協定に基づいた取り組み
「わかやまポンチ」プロジェクトで地産地消

和歌山県との「地域活性化に関する包括的連携協定」に基づき、2010年より、和歌山県のご当地スイーツ「わかやまポンチ」を和歌山大学教育学部付属小学校4年生のこどもたちと共同で開発し、ファミリーマート店舗で販売するプロジェクトを行っています。

「わかやまポンチ」プロジェクトに参加したこどもたち
「わかやまポンチ」プロジェクトに参加したこどもたち